Dear Memories ママと子供たちの 大好き絵本

お気に入りの絵本たちには、
子供たちとの愛しい思い出がいっぱい。
子供たちは高1と中3になりました。
5年過ごした上海から帰国し、1年たちました。
<< ●●「ふわふわふとん」 | main | 福音館書店こどものとも絵本の世界展(@大阪) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ●●「硫黄島からの手紙」観に行きました
    0
      昨日水曜日は映画レディースdayで1000円♪いつもはテニスなのでせっかくの1000円dayを利用出来ずにいるんですが、昨日はテニス休講日〜♪

      ママ友達と●●「硫黄島からの手紙」を観に行って来ました。

      今こそ、戦争のことをちゃんと考えたい、という気持ちもあり、ニノが出てるっていうのもあり、観に行こうって思いました。

      先日の「武士の一分」同様、結構年配の男性が多かったです。前評判が良いだけにかなり人が入ってました。

      映画の感想はね…

      とにかく強烈でした。
      痛々しくて、つらすぎる映画でした。
      何度目をそらしたくなったか、あまりに痛々しい場面が多くて、眉をしかめ目を細めて見てしまう。理不尽さに対する憤りとか、それを通り越したような悲しさがこみ上げ、思わず顔をしかめずにいられない感じ。映画の最初っから最後まで、ずっとそんなんでした。

      日本軍を描いた映画ですが、最初は日本軍の美談か、と思っていましたが、私にとって、なんだかとても違っていました。誰かにスポットをあて美化するとか、感動的なエピソードを誇張して涙をさそうとか、そういう映画ではなくて、それぞれの日本の軍人のありのままの姿を、むしろ淡々と描いている映画でした。

      一番印象的で心にひっかかったのは、
      「生きて帰る」「生きる」とういうこと、それがどれだけ大事なことかわかっているのに、そうしない軍人達、そうできない軍人達。その理不尽さ、憤り。映画の間中、何度も、「生きて!生きて・・」「なぜ生きて帰ろうとしない!?」と私の心は叫び続けていました。命よりも尊いものなんてあるのか?人が幸せに生きるということを奪う権利なんてあるのか?

      見終わった後は、呆然としてしまって、子供のピアノの時間が迫っていたので、私はエンディングの途中で席を立ちましたが、ほとんどの人が、多分、席を立つことができずにいたような気がします。
      憤り、そして悲しみや辛さが極限まで達して、虚しさだけが残るような感じでした。
      「戦争」というものは、そういうものなんだってことを痛感しました。
      この映画を見て感じるのは、「戦争」というのは、人がたくさん死んでとても悲しいことだ、「戦争」はイヤだ、二度と繰り返したくない、と、分かりきったように言えるような、うわべだけの単なる感情なんかではなくて、どうしようもない感情、憤り、悲しみ、辛さ、虚しさ、無意味さ、やるせなさ、せつなさ・・・そういった複雑な感情がうわぁっとじわっとぐっーと胸にあふれる。言葉では簡単に言えない。

      なんだか体力も消耗しちゃう感じで、映像も強烈すぎて、体もクタクタ、どうしようもないような言葉にできないような感情で頭もクタクタ、って感じでしたが、私は観に行ってよかったと思います。

      役者さんについてですが、
      ニノ二宮和也)、とてもよかったです。主演は渡辺謙さんのようですが、ニノが一番メインでした、ニノの行動と共にカメラが回っているという感じ。ニノすごいよ。もともとニノは好きだったけど、江口洋介が出てたフジのドラマ「涙をふいて」(ドラマの名前忘れてたけど、調べたら思い出したワ)に出てたときから、ニノは気になってたからね♪改めて役者としての二宮和也のよさを感じましたよ〜。
      あと、とてもよかったのが、伊原剛志。役どころがよかったのもあるけど、めちゃくちゃかっこよかったです♪TBSのドラマ「恋の時間」(黒木瞳が姉、大塚 寧々が妹役)の黒木瞳の元恋人役の医者をやってましたよね〜。そのときよりも今回はうんとうんといい役でかっこよすぎでしたよー。



      そうそう。
      今回、上映時間が12時〜だったんで、バスの迎え(早帰り)に間に合わなくて「預り保育」に入れ、しかもピアノのレッスンにその足で行けるように車で観に行ったら、駐車場代かかって500円、預かり保育が300円、よく考えたら、子供が早帰りじゃない日に正規料金1800円で見るのと結果的には一緒だったわ…ガーン(>_<)


      今日は、午前中車検、立会い車検だったんで、それ待ってる間と、子供たちのスイミングの間、携帯からこの記事打ってました。続きは夜パソコンにて書きましたが。
      今日は振替だったんで、知ってるママ友達もいなかったんで、おしゃべりに興じることもなく、久々に子供たちの泳ぎを見ました。そしたら、びっくり。上の子は、とても上手に手をかいて息つぎをして、25mクロールで泳いでましたよ〜、25泳いだら歩いて戻ってきてまたすぐに25泳ぐ、というようにに何本も何本も泳いでました。完全にすでにママの上を行ってるわ!!クラスは進級できなかったけど、よくあんなに泳げるもんだと、ママは感心したよ♪
      | ミニーのママ | ●ビデオ・DVD・映画 | 03:19 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 03:19 | - | - | - | - |
        ★ふぅさん はじめまして♪ 硫黄島からの手紙、強烈でしたよね。 ふぅさんのブログも今、読ませてもらいました。同感です♪言葉にできない。 絵本も充実っ!また遊びに行かせてくださいね。
        | ミニーのママ | 2006/12/25 6:45 AM |
        はじめまして。 わたしも硫黄島からの手紙観ました。 とっても強烈ですね。 本当に、終わったあとも、すぐに席をたつことはできませんでした。 よかったら、トラックバックさせてください。
        | ふぅ | 2006/12/24 9:33 PM |









        http://dear-mamakids.jugem.jp/trackback/160
        映画『硫黄島からの手紙』を(ついに)観て…!!
        映画館がかなり混んでいるらしいと聞いていたので、年が明けて落ち着いた頃に行こう、と思っていて、先日、ようやく観ました。 とはいえ、やはり、けっこう人が入っていました。 そして、観客の平均年齢は、ざっと見たところ70歳。 私はかなり若いほうだったわ(笑)。 ま
        | 小さなことを喜ぼう!             〜女41歳の「ちょいハピ」な日々〜 | 2007/01/17 12:44 PM |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        + PROFILE
        + MOBILE
        qrcode
        + affiliate
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + ARCHIVES
        + affiliate
        + PR
        + LINKS