Dear Memories ママと子供たちの 大好き絵本

お気に入りの絵本たちには、
子供たちとの愛しい思い出がいっぱい。
子供たちは高1と中3になりました。
5年過ごした上海から帰国し、1年たちました。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ●●「くるまはいくつ?」
    0
      インフルエンザ予防接種受けました♪上の娘泣かなかったよ!でも、する前はビビッてうぇーん言うてたーーー。
      まずママが打ち、次はだれかな?と先生に言われ、腕をまくって差し出した息子、潔かったぞ!!うわーうわー泣き叫びながら、チクリ、終わった後も「いたーい!いたーい!」と大げさに泣いてたわ。そして最後は娘、なかなか腕をまくらずビビッてたわりには、チクリ、もうそっからは、ぐっとがまんして、平気な顔で「あんまり、いたくなかった!」って♪

      注射の時、私いつも言うんだけど、
      「終わった後、いたかったら、いっぱい泣いてもいいから。でも、する前に泣かないんだよ」って。
      今回受けに行ったところの先生も、同じこと言ってたね。ホントに、注射ってするまでが大変なんだよね、いや!行かない!から始まり、泣いたりわめいたり、直前になって突然あばれて逃げようとしたりね・・・。大人からしたら、「痛かったら泣けよ」って思うけどな。子供はどのくらい痛いのか不安だったり、注射の針がささるなんて考えただけで、泣きたいぐらい嫌な気分なんだろうな(笑)。

      でも、子供の注射、親の苦労もだんだん楽になっていく。
      子供達、こうやって何度も経験していくうちに、大丈夫になっていくんだろうね。

      昨年はインフルエンザ受けなかったら、北海道旅行で親子でインフルエンザなっちゃったもんね、高熱も辛かったし、せっかくの北海道でスキーもできずだったからね。今年はさすがに受けました。パパも、今年から会社の補助が2000円出るらしいから絶対受けないと。(毎年受けてないパパ、っていうか受けに行く時間もないパパ)

      そうそう、インフルエンザ予防接種の豆知識、ちょこっと。打ち終わったら5〜6回よくもむ。そのあとは触ったりこすったりしない、お風呂は接種後1時間以上間をあければ入ってOKだけど、石鹸でゴシゴシ注射のあとを洗わないように。
      今回受けたところは、大人も子供も1回2500円、子供は2回打つので2回目は2000円。近くの大きな病院よりうんと安いし、子供達も私も、以前大きな病院で受けたときより全然痛くなかった♪これからは注射はここだね。

      さて絵本!

      昨晩はこれ。図書館で借りてる中でもお気に入りの1冊でした♪
      ●●「くるまはいくつ?」
      渡辺 茂男(作) 堀内 誠一(絵)●●


      HI350031.JPG

      ■■■こんなおはなし
      車がひとつのものなんだ? 1りんしゃ。それじゃ、2つのものは? 1、2、3……と車の数がふえていく乗物絵本。今までになかった新しい試みです。(アマゾンより)■■■

      子供って数えるのが大好きですよね!
      車の数がどんどん増えていくのですが、トラックや長くつながったトレーラーのところ、下の子、反対側のタイヤ(横向きに描かれた車なので絵には描かれていない向こう側のタイヤ)も、ちゃんと数えていました〜
      ラストもとってもいいですよ!
      「・・・ああ もう かぞえられないや。くるまが たくさん たくさん ついているもの なあんだ?」
      さーてなんでしょう♪

      一輪車、自転車、オートバイ、三輪車、自動車・・・くるまの数が増えていき、バスやトラック、トレーラー、最後には・・・!という感じで、たくさんの乗り物が出てくるので、車好き、乗り物好きの男の子にはオススメの1冊ですよ!

      上の娘も大好きでした。少し知識絵本っぽい部分もあるからかな。「〜はなあんだ?」とか、「ちがうちがう」「そうそう」とか、「じどうしゃは、どうしてはしるの?」「ふーん、だから、ガソリンスタンドでガソリンいれるんだね。」なんて、問いかけと答え というスタイルで、会話っぽくなっているのも、子供達は楽しいようでした。何度か読むと、なあんだ?のあとのところで、ちゃんと答えを言ってくれます(笑)

      作者は、ここのところ、なぜかこの人ばかり読んでますね(笑)またまた渡辺茂男さんです。
      絵は、堀内誠一さん。大好きな「ぐるんぱのようちえん」の作者だ!今、ぐるんぱの記事も下書きに入ってます〜のちほど♪








      久々にヤマピーのこと書いちゃおう♪

      シゲ(加藤成亮ね)の日記にインフルエンザの予防接種受けたこと書いてあったけど、ヤマピーも受けたかな〜。トーマくんとのごはんは楽しかったかな。トマゴト改(生田斗真の日記ね)も見てるんだけど、なんか嬉しかったヨ、きっとヤマピーとの待ち合わせ、だよね→ちょっくら出かけてきます ちょっちゅね〜っての♪
      野ブタ再放送で、「動くヤマピー飢え」が解消されるかと思いきや、逆によけいもっと見たい病になっちゃったわ。白虎隊のCMも、TBCのCMもまだ見てない。MOWのCMも一度も見たことない。でも、買い物に行ったら必ずMOWを買ってるよ。ヤマピーが宣伝してるから、っていうのもあるけど、MOW美味しいんだってば!しかも100円だよ♪バニラとキャラメルしか知らなかった、今サイト見たらイチゴミルクとミルクティもあるんだねっ。

      興味の無い方ごめんなさいねぇ。

      ついでにジャニネタ。続々とドラマがあるよね。

      まずは、NEWSから2人、
      11/25、26のスペシャルドラマ「氷点」に 手越くん。マイボスマイヒーローの桜なんとか役なかなかよかったもんね、てごっち♪
      12/1、8、15「笑える恋はしたくない」3週連続の12月限定金曜ドラマに、増田貴久くん。しずちゃんと次長課長の河本が出るし、見ようと思ってま〜す。

      関西では、12/27、28、29に、関ジャニ8冬休みスペシャルドラマがあります。関連記事関ジャニは、錦戸亮くん以外は興味ないんだけど、ジャニウェブ見ると、錦戸くん3本のうち2本に出てるらしい。うーん、亮ちゃんにぜひぜひ皆さん見てくださいって言われちゃうとねぇ〜

      で、1月からは「花より男子2」が始まるね〜〜。仲良しのママ友達は松本潤くん大好きなの♪それはおいておいて、あれは面白い!先日の再放送ではじめてみたんだけど。

      いろいろ書いたからすごいジャニーズファンみたいだけど、そーでもないんだよぉ。ひかないでね。
      ヤマピーは大好きだけど。
      | ミニーのママ | <のりもの>の本 | 10:54 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      ●●「のろまなローラー」
      0
        またまた、乗り物の絵本。

         

        ●●「のろまなローラー」
        小出 正吾(文)山本忠敬(絵)●●



        ■■■こんなおはなし
        ローラーが、重い車をごろごろ転がしながら、道を行ったり来たり。ぶっぶっぶっとトラックが「じゃまだよ、じゃまだよ。どいたり どいたり」といって追い越していく。立派な自動車も、小型の自動車も、のろまなローラーをばかにしながら追い越していった。(アマゾンより)■■■

        山本忠敬さんって「乗り物絵本の第一人者」と言われてるんですね。先日このブログで書いた「とらっくとらっくとらっく」(記事こちら)の絵も山本忠敬さんでした。

        ストーリー的には、ちょっぴりありがちな感じがしますが、ローラーのけなげながんばりにあったかくなれます。

        けなげにがんばるローラー。ロードローラーって、働く車の中では、あまり有名じゃないし、目立たないし、人気があるほうではない気がしますが、この絵本で、きっとローラーのことが好きになりますヨ♪

        ローラーにがあるんだけど、なんだかかわいそうだったり、誇らしげだったり、表情がとても見事に描かれていて、とっても人間味を感じさせます。


        今日は久々に岩盤浴行ってきました!いつも行くママ友達と。
        今、岩盤浴って、衛生的な問題でけっこうたたかれているんですってね。あの温度、一番菌が発生しやすいとか。24時間営業などで、いっせいに掃除ができないようなところは要注意なのかも。そのせいか、通常2500円→1800円キャンペーンやってました☆

        まぁそんなことはおいておいて(笑)やっぱり気持ちいい〜♪もっと長く寝ていたいよ・・なんだか久々だったからか、真夏に行った時より汗かかなかったな。

        終わってからランチも楽しみの一つ♪2100円のフレンチでしたが、とっても美味しくてヨカッタです!

        来年やクリスマスの話も出て、もうそんな季節?早いなぁ・・・
        DSをサンタさんにもらいたいと言っている娘、今も品薄で売ってないんだってね・・・全然知らなかった。今から予約か?パパは大反対なので困ってます。
        今日は来春入園時の入学願書の受付だったし。早〜。

        もう10月ですものね。

        10月になったのに、ぼんやりしてて園の予定もカレンダーに書いてなくて、今日はまた、図書貸し出しだったのに図書カードを忘れてしまいました。
        ゴメン〜〜〜またやっちゃったよママ。何回目だヨ・・・自己嫌悪。
        | ミニーのママ | <のりもの>の本 | 18:29 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        ●●「とらっく とらっく とらっく」
        0
          幼稚園のお友達&ママ達で夜ごはん、ウチでたこ焼きしました。みんなでたこ焼きは楽しい♪大阪は「一家に一台たこ焼き器」というのが当たり前〜。
          ウチの子供達「たこ嫌〜」と言うので、今まで、たこ焼きの具はソーセージとかチーズとかにしてたんだけど、今回はお友達ママのやり方で、たこを小さく小さく切っていっぱい入れて作ったら、子供達「たこ入り」たこ焼き(たこ焼きなんだから「たこ入り」が当然なんだけども)を、すごく気に入って、逆に今まで人気だったソーセージが不評でした。子供達もオトナになったってことかな!

          たこ焼きの鉄板、焼きそばの鉄板、食器の数々が、台所に積み上げられているよ・・・洗濯物も山積み・・・またもや現実逃避中。まず寝ろよって?

          いつも飲みに行ったりUSJとか遊びに行ったりもする仲良しメンバーなんだけど、お友達ママがお誕生日当日だったので、ケーキ(本人のリクエストでモンブランのホール)にろうそくも立てて、子供達も一緒にお祝いしました。やっぱりお誕生日会は楽しい。みんなでホールのケーキを食べるのって、なんだかそれだけで楽しい♪


          さて絵本。
          9月後半はブログもお休みがちで、ブログに書いてない絵本がいぱーいたまっております。
          じゃんじゃんアップ行きたいと思いま〜す。
          おとといの夜はコレでした↓

          ●●「とらっく とらっく とらっく」
          渡辺 茂男(作)、山本 忠敬(絵)●●


          ■■■こんなおはなし
           定期便のトラックが港の倉庫を出発して、遠くの大きな街を目指す。高速道路へ出ると、乗用車がトラックの横を追い越し、観光バスが後ろから走ってくる。道路工事の看板を過ぎると、ブルドーザーにパワーショベル、ダンプカー、それからローラーが見えてきた。トラックがスピードをあげると…
          街に着くまでにトラックは、さまざまな「はたらくくるま」に出会う。工事現場の車たちに、白バイ、消防自動車、救急車・・・(アマゾンより)■■■


          わたしが記事を書こうとしてびっくりしたのは・・・なんと、作者渡辺茂男さんが「もりのへなそうる」(昨日の記事)と同じ作者だったんです!

          全然知りませんでした。

          しかも、今図書館から借りている絵本「くまたくんとおじいちゃん」というのも、同じく渡辺 茂男さん作だったんです!これまたびっくり!

          そうと気づかずに、3冊も同じ作者の本を同時に借りていたなんて。なかなか面白い偶然でした。


          さて「とらっく とらっく とらっく」について。

          車が大好きな男の子は、大喜びの1冊だと思います。
          トラックだけでなく、はたらく車やサイレン系の車、いっぱい出てきます♪
          文章の表現に、とても臨場感があるので、トラックの運転手さんになった気分で楽しめます。
          最後に標識ものっていたりして、大きい子も興味深く楽しめる1冊。

          トラックの運転手さんスピードをあげすぎて・・・!
          そんな経験ありますよね、みなさんも・・・?
          子供って、事故ったり、車を駐車場でぶつけたり、お巡りさんが来たこと、って本当によく覚えてます。子供にとっても衝撃的な体験だったんでしょうね。今でも、車を運転していると、「ママ、もうドーンって車ぶつけないでね」とか言います。警察に行った事とかまで覚えていてびっくりします。3歳になったばかりの頃の出来事なのに・・・

          この本の最後が好きです。
          暗いくねくねの夜の山道をのぼるところ、手に取るようにその場面の様子が伝わってきて、そして、最後に見えるみごとな夜景。わたしは、どうしても、これが、箱根の山を小田原方面から三島方面に越える山道に思えてなりません。ここを夜走る時は、私もいつもこんな気分になりました。トラックも多かったなぁ。そして、三島の夜景を見たときのホッとする気持ち。ぐわ〜んと記憶がよみがえりました。

          以前三島に住んでいたのでネ。実家は鎌倉なんで、三島へ戻る時は、いつも夜で、こんなふうだったんです。

          <追記10/3>昨夜読んだ時、娘が「ほら、ここに東京タワーがあるから、ここは東京だよ、東京の夜景だよ」って言うんです。大きな町へ荷物を運ぶトラック、というくだりもあるように、この夜景は東京なのかな。ウチの子供達、東京タワーが大好きです。そして私もなぜか東京タワーが大好きです。首都高の芝公園のあたり、東京タワーがぐわーっと大きくそびえたって見えるところが一番好き♪
          富士山とか東京タワーって、ふっと視界の中に現れるとなんだか妙に嬉しい。その土地を特徴付ける大きな目印。


          あ〜それにしても転勤、いつなんだろう・・・。
          今、下の子は年中さん、来年の春に転勤!なんて言われても、今通ってる幼稚園を卒園させてあげたいなぁ・・。転勤族は、3年も経つと常に今か今かという不安を抱きながら、ですものねぇ。

          転勤・・・昨日のように飲んだり遊んだりできる仲良しのお友達ママと離れるのは、寂しいなぁ。いずれ関西を離れるのも寂しいなぁ。心残りのないように、今のうちにいっぱいおでかけしなくっちゃ♪
          | ミニーのママ | <のりもの>の本 | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>
          + PROFILE
          + MOBILE
          qrcode
          + affiliate
          + SELECTED ENTRIES
          + CATEGORIES
          + RECENT COMMENTS
          + RECENT TRACKBACK
          + ARCHIVES
          + affiliate
          + PR
          + LINKS