Dear Memories ママと子供たちの 大好き絵本

お気に入りの絵本たちには、
子供たちとの愛しい思い出がいっぱい。
子供たちは高1と中3になりました。
5年過ごした上海から帰国し、1年たちました。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ●●「ほんとのおばけ手ぶくろさわぎ」
    0
      週末は、息子がクッキングキャンプ(日帰り)に行ってたので、私と娘でヘアカットに行ってきました!

      娘は、今までずーっと長く伸ばしていて、いつも2つに結んでました。ほとんど段とか入れたことなかったんですが、今回は、プールも始まるし、量少なくシャギーな感じで、2つにも結べるぐらいの長さで、おろしててもさまになるような髪型にしてもらいました♪切りたくない、と言ってた本人も気に入っていて、なかなかグッドです!

      私はというと・・・またもや切りすぎました(><)

      なのでちょっとブルーです。



      とはいえ、
      ランチの女王の再放送と、プロ大で、動くヤマピーがかなり充実してて幸せにひたってる私です♪


      何日かにわけて、昨晩読み終えました。
      プロ大が始まっちゃう、と気になりながら前からの続きを読み出したんだけど、結局ママが本の結末が気になって、途中で止められなくて最後まで読んじゃいました♪

      結局プロ大は、また追いかけ再生、様様。


      ●●「ほんとのおばけ手ぶくろさわぎ」
      マリータ・リンドクヴィスト (作), 菱木 晃子 (訳), 岡本 美子 (絵)●●


      070619_1243~0001.jpg

      アマゾンは→ほんとのおばけ手ぶくろさわぎ

      携帯からは→ほんとのおばけ手ぶくろさわぎ


      ■■■こんなおはなし(アマゾンより)
      「たいへん、これじゃ人間に、見られちゃう」おばけのジェームスは、手ぶくろがぬげなくなってフィリスと町をさまよいます。駅の塔で出会ったのは、なつかしいムリエルおばさんでした。三人は冬まで、いっしょにねむりました。目をさましたら、もうすぐクリスマス。町へでた三人は、手ぶくろ屋さんをてつだったり、おまわりさんのかわりに交通整理をしたり、ところが…。■■■


      この本には前作があります。
      ほんとのおばけがやってきた

      この続編が、「ほんとのおばけ手ぶくろさわぎ」なんです。

      まぁ、我が家は、続編のほうから読んでしまうということが、多々あるのですが、今回もそのパターンでした(笑)。

      でも、この本は、前作のストーリーをかなりおはなしの中で説明してくれてるので、全然大丈夫でした。
      前作から読んだら、きっと、ジェームスのぬけなくなった手ぶくろはどうなるの?と先が気になって仕方なかったと思います。

      「手ぶくろさわぎ」を読んでいく途中でも、ジェームスの手ぶくろはなかなかぬけなくて・・・。続きがかなり気になりましたもの。

      面白いのは、このおばけたち、姿が消せる(人間の前では姿は透明で見えない)んです。だから、手袋だけが、浮かんで飛んでいるわけで!


      おばけのおはなしって、子供たち大好きです。
      この本も、娘が、図書館の児童書のところで選んできました。


      子供はおばけが大好き♪
      子供はおばけと友達になれる。
      想像力の豊かな子供の特権かな。
      子供っていいな。


      この本読み終わってそんなことを感じました。


      この本の季節はクリスマス。
      日本では、「おばけ」とか「こわい話」のイメージは「夏」ですよね。
      これはスウェーデンのお話なんですが、欧米は「おばけ」というと、ハロウィンやクリスマス「冬」とか「寒い」というイメージがある気がします。
      文化の違いかな、面白いね。


      蛇足ですが。
      「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観て以来、ナイトメアのキャラがお気に入りの子供たち。ピアノのシールも息子はいつも骸骨集めてます(汗)
      そんな二人に先日ナイトメアのTシャツをおそろいで買いました〜〜。かっこかわいい♪子供たちもお気に入り。ママは780円というのもお気に入り。



      そうそう、このまえのナルミヤのセールでも、MINI-KのおばけTシャツおそろいで買ったんですが、これもお気に入り♪

      このTシャツのおばけもそうなんだけど

      おばけって、なぜか茶目っけがあるのよね〜〜。
      | ミニーのママ | <おばけ>の本 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ●●「おばけ びょうきになる」
      0
        有言実行

        これからは夕飯作るぞぉって意気込んで、おとといも昨日も今日も(月、火、水と)、1日出かけちゃって19時ごろに帰宅したりだったんだけど、

        そっから夕食作ったよ〜〜

        月曜日は、
        夕方図書館行って帰ってきてから、子供たちと一緒に春巻作ってみました!
        一緒に作るって良いですね。子供たち楽しいみたいですっごく喜びます。作る楽しみだけでなく、子供たちが関心を持ってくれるので、出来た料理を「おいしい!おいしい!」言いながら食べてくれるから、ママも嬉しいです。

        火曜日は、豚汁 他
        圧力鍋なら、火にかけてから3分!大急ぎのときの夕食には、本当に助かってます。
        (ちなみに使っているのは、「通販生活」で買ったティファールのタイマー付き圧力鍋♪父の還暦のお祝いのお返しに、私のリクエストでこれを。)

        水曜日は、サーモンのフライ 他
        下の子が衣付けを手伝ってくれました。
        パン粉がなくて、冷凍パンをバーミックス、パン粉も手作りっ。

        いい感じで楽しく夕食が作れている毎日。
        今のところ。
        山Pのおかげ♪


        昨夜は、主人の帰宅と、娘の咳で目が覚めてしまい、
        そこから(夜中の2時から)寝られなくなって、「ドラゴン桜」(山下くん出演)の再放送と、録画していた「サプリ」(亀梨くん出演)続けてみちゃいました(苦笑)
        いいね〜、山下くんも、亀梨くんも、かわいい〜♪

        いやぁ・・・
        ある意味、ママ、びょうき・・・?

        昨夜の絵本。

        ●●「おばけ、びょうきになる 」
        ジャック デュケノワ


        bk1はこちら「おばけびょうきになる

        ■■■こんなおはなし
        近ごろおばけのアンリは病気になったり、ケガしたり。ある日みんなで遠足にいった時、アンリが動かなくなっちゃったんだ。急いで病院に運んで調べてもらうと…。なかよしおばけ絵本第4弾。(アマゾンの商品の説明より) ■■■


        なかよしおばけのシリーズ、かわいいです♪
        これが第4弾なんですね〜。

        1=「おばけパーティ
        2=「おばけ、ネス湖へいく」
        3=「おばけの地下室たんけん 」
        4=「おばけ びょうきになる」
        5=「おばけ まほうにかかる」
        みたいです。


        「びょうきになる」は、おもしろかったです!
        アンリのおバカさ加減とか、病気の原因もおもしろいし、アンリの手術をしてくれたボボ先生のいたずら?にも、ハハハッと笑えるし。
        テンポもよくて好きでした。
        ちっちゃなつぶつぶの薬を飲んだら、粒粒の体になってしまったりするあたり、「おばけパーティ」を思い出しました♪

        娘がとても気に入ったようで、今日も、自分で朗読して聞かせてくれました。


        ちなみに、先日
        ●●「おばけ まほうにかかる」を読みました。

        これ↑は、発想はとっても面白いお話なんだけど、なんとなく、いまひとつオチが分かりにくいというか、なんだか疑問が残る感じで、子供たちに、「え?結局どういうことなの?」なんて聞いてしまいました。ママ的には、うーんあんまり。
        アンリたち仲良し四人が主人公というより、リュシーだけが主人公っぽいのもなんとなくイマイチ感。


        まだ、ネス湖、と、地下室たんけん、は読んでいないんけど、やっぱり、
        「おばけパーティ」が一番!かなぁ〜。
        | ミニーのママ | <おばけ>の本 | 23:35 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
        ●●「おばけのがっこうへきてください」&今ハマってるのは・・・
        0
          長い旅を終え自宅に戻ってから3日経ちました。ただいま〜♪

          やっとぼちぼち日常生活に復帰です。カバンやら旅に持っていった着替えも、やっと本来の場所へ片付け終えました。

          旅行は楽しいけど、帰ってきた後が大変なんだよね、おかーさんは。日常生活に戻るのに時間がかかる。旅行中はずっと自分でごはんも作らない生活でしょ、それが、戻ったら家事がぜーんぶあるわけで・・・。

          だけど、自宅に戻って最初の夕飯からちゃんと作ったわよっ
          冷蔵庫の野菜たちが無事だったからカレー♪
          で、外食大好き・面倒くさい時は夕飯作らないっていう私が、どうしてどうして、
          旅行後早々?夕飯ちゃんと作ろうって思ったか
          っていうと、それは・・・

          山下くん(ジャニーズ、NEWSのメンバーね)のブログ。
          バックナンバーが今期間限定でたくさん見れるんだけど、だいぶ前の日記でね、いろんな女の子にエールを送ってるような部分があって、お母さん達、がんばって、みんながかーちゃんのうまいメシを待ってるよ!って、いうようなコトを、山下くんが書いてたわけ。

          そ・れ・で
          なんだか妙に、そうだよなぁ って思ったの。パパも子供たちも、ママの作るおいしいごはんを楽しみにしてるんだよなぁ、って。いとしの山下くんから、息子の立場から言われたような気がして☆

          すごいよね〜。こんな私を変えちゃう山下くんの一言♪っていうか山下くん(はあと)


          そう、何を隠そう、旅行から帰ってきて、今ハマってしまっているのは、
          山下くん & ジャニーズなのであります(苦笑)

          帰りの新幹線の中で、EZwebをマスターしようと思って(いつも携帯でもパソコンサイトを見てしまうので)EZwebいじってるうちに、そそ、そういえば携帯で山Pのブログがあるっていうのを思い出して、8月は携帯使い放題月間(Myルール)だからネ、この機会に見とかなきゃって。まぁそしたら登録制で有料でさ・・・300円も払っちゃったわけで。せっかく払ったからジャニーズ情報いろいろ見ちゃおうって。ここ2、3日で、なんだかジャニーズに妙に詳しくなってたり。旅行から帰ってきてから、ずっと録画してためてた「サプリ」(月9ドラマ)もまとめて5話見たし。亀梨くん、めっちゃいい〜かわいい♪

          山下くんにハマったのは、ドラマ「クロサギ」です。あのドラマの山Pは本当にかっこよすぎでした♪
          ドラマはいいです。歌番組と違って、いーーーっぱい写るから!

          今やってる「マイボスマイヒーロー」もかなりグッド。くさい・あついドラマだけど、かなり笑えるし、素朴であったかくて好き。で、ジャニーズ関係で言えば、長瀬だけじゃなくて、KAT-TUNの田中聖、桜なんとか役の手越くんもNEWSなんだよ〜♪


          はぁ。。
          もうミソジも真ん中あたりだっていうのに、こんなんにハマっちゃっていいんでしょうか。携帯でジャニーズの子たちの日記をチェックしたりするなんて。
          「ねぇ。ママさぁ、ばかばかしいかなぁ、こんな。大人なのに。ジャニーズ見てる・・・」と私がつぶやいてたら、娘(6歳)は、
          「いいんだよ、ばかばかしくないよ!ママ。
          それに、ママちっちゃいから。大人に見えないから♪大丈夫!」
          ・・・って・・・

          そういう問題じゃなくて・・・(苦笑)

          ま、でも、ママがクロサギ見てたときから、山下くん山下くんって騒いでたから、「ま、好きなんだからいいんじゃない?」ぐらいに、冷めた目で?あたたかく?見てくれてるらしいです、娘。



          さてさて。
          絵本行きますっ

          夏はおばけですよね!

          今、おばけの本またまたいっぱい借りてま〜す。
          まずは、昨日読んだ1冊。

          ●●「おばけのがっこうへきてください」
          おばけのがっこうへきてください
          さくら ともこ作 / いもと ようこ絵
          岩崎書店 (1985.7)
          通常24時間以内に発送します。




          ■■■こんなおはなし
          うんどうなんてだいっきらい・・・という、弱虫のつよしくん。みんなと離れて一人で柳の木の下にいると、おばけが現れて・・・それはおばけ学校の校長先生。ぜひ、おばけの子供たちに、教えてやってほしい、と校長先生に言われ、おばけの学校に連れて行かれます・・・。■■■


          最後に、ふっと、つよしくんは、柳の木の下に戻っているんですが、このおばけの学校での出来事が、夢だったのか、本当だったのか、なんだか、そんな学校が本当にあったら・・・こうやってたまに人間の子供をふっとさらって(招いて?)行くんだったら・・・とおばけの想像の世界を楽しむ面白さもあります。また、このおばけの学校の子供たちが、元気いっぱいで、表情がみんなかわいいことかわいいこと

          ちょっぴり、教訓めいた?ところも無きにしも非ずです(教訓めいた本は基本的には好きじゃない私なんです)、が、この絵本は、絵のやわらかさ・楽しさ、そして、おばけの世界にふぅっと引き込まれていく設定も面白くて、好きです♪


          最後の巻末に、ひっこみじあんな子、どう接すれば?とか、積極性をどのように育てたら?など、Q&A式で、小児科医の澤田啓司先生のおはなしが書かれています。
          できなくても、できないことを否定しないで、わずかな進歩でも認めてほめてあげることが大事、というようなことが書かれていて、なるほど〜。それと、はっとしたのは、体も知能もその時期になっていないのに、年齢や発達段階に不相応な課題を与えてみてもできなくて当然、と書いてあった部分。うーん、これ私だ。。。
          巻末の部分もちょっと考えさせられ、勉強になりました。

          私は、絵本の内容からは、いろいろ育児的なことは読み取れなかったんだけどネ・・・

          育児的な・教訓的なとらえかたではない見方で読んでみても、楽しい絵本だと思いますよ♪


          昨日の「マイボスマイヒーロー」じゃないけどさ、
          学校(幼稚園も)というのは、いろんなことを学べるところですよね。人と人とのかかわり、その中の自分、自分のおかれる立場、くやしい・嬉しい・さみしい・せつない、いろんな気持ち、そういう中で人間は成長していく。先生に、友達に、そして親に、兄弟に、自分を認めてもらいながら。
          長瀬(榊真喜男)も、先生が「まきおくんは弱くないよ、のりこえられるよ」と言って応援してくれます。

          やっぱり、親は、いつでも子供の味方でありたい、子供を肯定し認めてあげたい、ほめてあげたい。上手くできないことをせめたりしないで。つい、理想もあるし、子供の対して一生懸命になればなるほど、できないことにイライラしてしまったりしてしまう。
          私の場合、ピアノね。
          ゆっくり。ゆっくり。昨日から今日を比べるんじゃなくて、たとえば3ヶ月前から今日を見てみよう。長いスパンで見てみる。どこかで読んだ。誰かにも言われた。
          でもすぐに忘れちゃうんだよね。
          ゆっくりゆっくり。
          待つ、ということの大切さ。


          本やドラマや映画って、いいな。そして、こうして、何かちょっと感じたことを、書いてるうちに、自分が見えてきたりする。


          ということで、
          さて、旅行後の日常生活復帰。とても良い、気の持ち方でスタートできそうです♪
          毎日の夕飯も作る気満々で!


          あとは、みなさまのランキング応援クリックがあれば、本当によい励みになります・・・!
          ランキングいまいち低迷中…(ノ_・。)なんです。
          | ミニーのママ | <おばけ>の本 | 04:52 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
          絵本読書日記●●「ゆかいながいこつくん おばけれっしゃにのる」
          0
            おたふく、最初は左の顎下腺でしたが、、もう一方(右)も昨日から腫れてきました。右は顎下腺ではなく耳下腺。なんか顔がいびつな感じですーー


            食べるのに口を開いたりかんだりするのが辛いみたいで、食事には気を遣いましたが、お昼は、そうめん、夜は、豚汁にお豆ごはん。まぁ量は少なめですが普通に食べられてよかったです。
            さやつきのグリーンピースをいただいたので、息子が、ぜんぶ皮をむくのお手伝いしてくれました!幼稚園も行けず、暇だからというのもあったけど、将来の夢はコックさんというだけあって、お料理のお手伝いはあきることなく夢中になってやり、上手です。じゃがいもの皮むきも、ひたすら6コとか剥きます。コック、といっても、下ごしらえ系が大好きなので、ママは大いに助かってまーーーす。

            さて、今日の夜は、この2冊でした。
            ●●「おひさまあはは」●●
            以前に書いた記事は ives/2526370.html" target="_blank">こちら

            病気のときって、気弱になるし、ママに甘えたい、そしてママも優しくするもんだから、完全甘えモードです。というか、赤ちゃんモードかな(笑)

            そんな赤ちゃんに帰りたい気分なとき、よくこの本を持って来て「これ、これにするぅ〜」なんてベイビーっぽい口調で言ったりします。
            そんな気分をきっとママも受け止めてくれる、埋めとめて欲しい、そんなときにぴったりの本なのかも。

            そうそう、下の子「おひさまあわわ?」って言ってました。「きょうは」とかの「は」は「は」って書いて「わ」って読むんだよ〜、って話をしたからでしょうか・・・
            これは「あはは」でいいんだよぉ♪


            テレタビーズ、今かなりハマッてるんですが、(図書館で予約して全巻見る予定です、今3本目!)
            テレタビーズも、赤ちゃんに戻れる作品だわ〜。
            上の子がちょっと前に吐いてしまって2,3日幼稚園休んだ時も、ボォーっとテレタビーズ見てると辛くなかったみたいです。
            「病気の時はテレタビーズ!?」
            テレタビーズのビデオについては別でまた記事書こうと思ってます。(思うばっかりが多いんだけどネ)


            さてさてもう1冊は
            ●●「おばけれっしゃにのる」ゆかいながいこつくんシリーズ1
            アラン・アルバーグ (作)、アンドレ アムスタッツ
            (絵)角野 栄子 (訳)●●


            アマゾンもbk1も画像がないので(在庫&扱いもないみたいです・・・)、写真をとってアップしてみます!初の試み♪


            おばけれっしゃにのる

            おばけブームな我が家ですが、
            以前に「がいこつさん」という本をやまねこさんところで知って、先日図書館を探してたら、貸し出し可能になっているのに、どうしても見つからず、探している間に、この本「ゆかいながいこつくん・・」を見つけたんで借りてみました。目的は、ずれましたが、
            この本なかなか面白かったんです。

            絵も、めっちゃファニー、FUNNY BONESって書いてあるけど、そのとおり!

            おはなしは
            <大きいがいこつのホネボネさんと小さいがいこつのポネポネさんが、夜中に出発するおばけれっしゃにのりに行くんです。行き先はうみべのまち(おばけまち)。たくさん遊んで帰ります・・・>

            訳もなかなかよいと思いました。
            「ホネボネさんとポネポネさん」とか、おばけれっしゃの運転手が「しゅっぱつぞびー、ぞびー」「うらぽっぽ うらぽっぽ うらめしや〜」とかネ☆

            こんな面白い感じのファニーな絵本なのに、なーんとなく下の子は怖かったみたいですよぉ。夜のみんなが寝静まった街に、本当にがいこつやおばけが歩いていて、おばけれっしゃが本当に走ってたら・・・って想像しちゃったかな。子供って夜中起きてないから、夜中っていうのは、未知の世界なのかもしれませんね〜。そんな未知の世界に、おばけがいたら・・・!ちょっとワクワク、ちょっと怖い・・・そんな気持ちになれる本でしたよ!最後特にね。私最後のページが好きでした。


            最後に。
            ランキング、見てみた・・・
            どこにもいなかった。
            どこにいるんだろう・・・圏外?

            ★ランキング、応援してください★
            やっぱりこういうのって励みになります。
            | ミニーのママ | <おばけ>の本 | 23:54 | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |
            絵本読書日記●●「ふでこぞう」☆おばけブームな我が家
            0
              これまた病院の待合室で、先日の皮膚科で「ねないこだれだ」を読んだら、息子がえらく気に入って、我が家は今ちょっとしたおばけブームです。幼稚園でも今よくおばけの本を読んでもらっているらしくて、○○は悪い子じゃないからおばけに連れてかれないよね?おばけって本当にいるの?家でドアが風でガタガタゆれたりすると、おばけ??・・・という具合で、おばけに興味深々です。3〜4歳ごろってそんな時期かもしれませんね。


              ●●「ふでこぞう」 せなけいこ・おばけえほん
              せな けいこ●●


              bk1はこちら→ふでこぞう


              実はわたし、とても有名な せなけいこさんの絵本ですが、なんだかぼんやりと、小さい頃に読んだ絵本があまり好きではなくて、今まで実はちょっと避けてました。「いやだいやだ」とか「にんじん」とかだったと思うんだけど、なんでしょうね、ちょっと説教臭いっていうのかな、教訓めいてるっていうか・・・。なんか楽しい気分にはなれなくて、嫌だったんでしょうね、きっと。だからあえて自分の子供に小さい頃に読んであげたくなかったというか。

              ですが、たまたま、皮膚科の待合室で、息子が「これよんで〜」と持ってきた「ねないこだれだ」。このひとの本あんまり好きじゃないんだよな〜と思いつつ、せっかく読むならまぁ面白く読もっか、なんて、「おばけのせかいにとんでいけ〜〜(怖)」と震えたような感じのおばけっぽい声で読んだら、子供たち大喜びで、その後も皮膚科に行くことがあったんだけど、また読んで読んで〜。確かに、これも説教臭い部分はあるんだよね。子供は早く寝ないと××だよ!みたいな。おどし的な。だけど、なぜか嫌な感じはしなかった。逆に、また手にとりたいという気持ちになった。文字も少ない小さい絵本なのに、おばけのせかいって?と空想がふくらんでしまう、おばけのことが興味深々になってしまうような、不思議な力があるような気がしました。

              で、今どうもおばけが気になる息子が、図書館で見つけて持ってきたこの絵本「ふでこぞう」、も、せなけいこさん。

              夜、机の筆が、動き出すんです。その「ふでこぞう」が、まずは台所のたまごに、ちょっとすらすら〜と書くと、たまごのばけものができ、そのたまごと一緒にそとへ遊びに行くんです。出会うものに次々と、要はいたずら書き。おばけなんだけど、全然怖くない、笑っちゃう。でも、なんだかちょっぴり神秘的なしんとした空気がただよう感じもして、本当にふでこぞうっているかも知れないね、こうやって夜中に動いてるかも知れない、と妙におばけって・・と想像がふくらんでしまう絵本
              「ふでこぞう」は道具のおばけの仲間、で一つ目も二つ目もいるんですって(最後のあとがきに書いてありました)!

              なんとなく、せなけいこさんっておばけの絵本をたくさん出してたよね、というイメージはあったけど、せないけいこ・おばけえほん、のシリーズは知らなかったです。「ふでこぞう」以外にも、12冊ぐらいおばけシリーズがあるんです!びっくり☆私はその中でも、「とうふこぞう」と「おばけいしゃ」が気になります♪

              五七五調のリズムのよい文と、切り絵、独特のテイストで、「おばけ」というものをとても興味深く、身近に、でも謎めいた部分も残しつつ描いてる。
              初めて「なかなか、良いじゃない、せなけいこ」と思ったわけです。
              「ねないこだれだ」がそうですが、これを読ませて子供に言うことをきかせよう、とか、子供が教訓的に何か感じてくれるといいな、とか、そんな発想で読んではいけないのかもしれない、良さがわからないのかもしれない、と思いました。そして、小っちゃい子向けの赤ちゃん絵本タイプですが、これは逆に4歳5歳ぐらいになって良さが分かる、楽しめるのかも、とも思いました。小っちゃい子だと、多分、「怖い〜、そんなのいやだ〜」だけで終わっちゃうでしょ、4歳ぐらいだともう、その先のおばけのせかいを想像したりできるけど。

              わたし的には、おばけえほん、としては、せなけいこさんマル○、なんですが、せなけいこさんの他の(おばけが出てこない)絵本はまだちょっと良さが分からないでいる私です・・・。

              ●●「ねないこだれだ」 いやだいやだの絵本 4
              せな けいこ (著)●●

              | ミニーのママ | <おばけ>の本 | 12:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << July 2017 >>
              + PROFILE
              + MOBILE
              qrcode
              + affiliate
              + SELECTED ENTRIES
              + CATEGORIES
              + RECENT COMMENTS
              + RECENT TRACKBACK
              + ARCHIVES
              + affiliate
              + PR
              + LINKS