Dear Memories ママと子供たちの 大好き絵本

お気に入りの絵本たちには、
子供たちとの愛しい思い出がいっぱい。
子供たちは高1と中3になりました。
5年過ごした上海から帰国し、1年たちました。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ●●「かえるのおんがえし」
    0
       つるのおんがえし じゃなくて、かえるのおんがえし っていうのがあるんだよ!と息子が借りてきました〜。
      どこにも扱いがなくて、画像等リンクがありません。
      「かえるのおんがえし」 小澤俊夫(文)/水野ぷりん(絵)
      世界文化社のワンダー民話館というシリーズだったので、そちらのリンクをはっておきます。「かえるのおんがえし」のあらすじは「続きを読む」からどうぞ。

      ちなみに、今このシリーズで「じゅげむ」も借りてきていて、じゅげむじゅげむと言って覚えてます。


      続きを読む >>
      | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ●●「えからとびだしたねこ」
      0
        ただでさえ今クールのドラマ見過ぎなんだけど、それに加えて「ランチの女王」再放送も毎日見てるわけで、ドラマ三昧の一週間〜〜〜♪

        プロ大・わたしたちの教科書・花嫁とパパ・特急田中3号・生徒諸君・冗談じゃない、+ランチの女王

        どんだけーーー!?

        ドラマ見過ぎ・・・。

        光四郎くんかわいいです。かっこいいです。幼いです。やせてます。あのキャラもかわいすぎです♪(光四郎=ランチの女王のヤマピー)
        ランチの女王最高〜♪あの4兄弟みんないい♪


        オークション開始しなさい、自分!!

        携帯からなら出品無料キャンペーン、1ヶ月もあるやん〜なんて余裕こいてたら、もうすぐ終わるっつーの(><)
        いつまで?って調べてたら、6/25、26二日間、パソコンからも出品無料!!
        (携帯からは6/29まで出品無料)
        よ〜し!出しまくるぞっ!!
        ギリギリに期限が迫らないとやれない性格・・・





        息子の図書貸し出し、昨日もう返却でした。
        気がついたら、もう6月も終わりに近づいてる。早いっ・・・。

        わんぱくだんのにんじゃごっこ」を園で借りてきたとばかり思っていたら、(下のコロボックルの記事でそう書いてます(><)が)ママの勘違いでした〜。
        にんじゃごっこは、図書館で借りたんだったね(汗)

        おととい、返す前に、話をしてて、息子に「にんじゃごっこちゃうで」と指摘されましたぁ〜。
        息子は案外しっかりしています。明日は体操服!とかちゃんと忘れずに言ってくれるおかげで、母は助かってます。先日の交通安全教室の日も、「今日体操服!」という息子に「ちがうよ制服だよ」と言い張る私・・・え〜?と調べてみたらちゃんと体操服って書いてあった(汗)


        ドラマ見入ってる場合じゃないです。


        さてさて。

        今回の息子の図書貸し出し「コロボックルはもういない」(記事こちら)ともう一冊は、これ↓でした。


        ●●「えからとびだしたねこ」
        松谷 みよ子 (文), ナメ川 コーイチ (絵) ●●



        携帯からは→えから とびだした ねこ

        返しちゃったから手元に画像がないよう(><)

        絵本ナビに画像ありました。こちら

        ■■■こんなおはなし(アマゾンより)
        ネコの大好きなお寺の小僧さん。毎日、毎日ネコの絵ばかり描いてなまけているものだから、おしょうさまに追い出されてしまった。描きためたネコの絵をしょってたどりついたのは一軒の荒れ寺。小僧さんが夜寝こんだころ、戸口から巨大な化け物が現われて…。■■■

        フレーベル館の、むかしむかしばなしシリーズ。

        むかしばなしは、いろいろあるけれど、このおはなしは知りませんでした。なかなか面白いストーリーでした!思わず、「へ〜すご〜い!」と言ってしまいました。
        絵がかわいいので、あんまり怖く感じなかったけど、巨大な化け物・・・よく考えるとけっこうリアルで強烈かも!?
        おはなしをご存じない方は、ぜひご一読をおすすめします♪(稲垣吾郎風・・最近全然「忘文」見てないな・・)


        昨日読んだ後に話してたら、息子いわく、友達(一番の親友)に、「これおもしろいよ!」って教えてもらって、借りてきたらしいです。

        幼稚園児でも、「これいいよ」とかオススメし合うなんて、面白い〜〜♪
        (そうそう、息子はというと、「カレーはこくまろだ!こくまろが一番うまい」って、かなり彼にオススメしてたらしい。どんな幼稚園児だ・・・!?汗)


        息子、図書貸し出しで絵本借りてきたときから「ママこの本おもしろいよ〜」と言ってました。先生にも読んでもらったのかな。

        子供たち、いつも、自分が幼稚園で読んでもらったりしてストーリーを知っている絵本でも、ママとおうちで開き読みするときに、「つぎ、こーなるんやで」とか絶対に言わないのよね。ちゃーんと、わくわくしながら聞いてるの。

        大人は、一回読めは、ストーリーが分かれば、もうOK、知ってる知ってるみたいな部分が少なからずあるけど、
        子供は、何度読んでも、読むたびにわくわくして、続きを聞いているんですよね。
        子供って純粋だなぁ、って、なんだかとっても愛しく感じます。
        | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ●●「さるかにばなし」
        0
          溶連菌で休んでいた息子、昨日の木曜日に登園許可証もらって、やっと幼稚園!

          診察室で、「やったー!幼稚園行ける〜〜〜っ!」と大声で叫んでいたわりに、いざ幼稚園のお部屋へ私が送っていくと、私の足に隠れてもじもじして、なかなか中へ入れなかった息子。後から本人に聞いたら、「はずかしかった」らしいです・・・(><)
          今日も、どーしても見に来て欲しいというので、ミニSLに乗るのを見学に行ったら、またはずかしそうに首をすくめながら乗っていました。

          いつもは大声で笑い天真爛漫にはしゃぐ息子、なんですが、そんなはずかしがりやの一面も・・・あるんです♪



          今日は二人が帰宅後に図書館に行ったのですが、
          息子が行く前から、これを借りると決めていたのが、これ↓
          幼稚園で読んでもらったそうです。

          ●●「さるかにばなし」
          西郷 竹彦 (著), 福田 庄助 (絵)●●



          他にも「さるかに合戦」の本があって、
          赤羽末吉さんの絵の「さるとかに」とか、松谷 みよ子さん& 瀬川康男さんの絵の「さるかに 日本むかし話〈2〉」とかがいいかな〜♪と私なりに選んでいたのですが・・・
          息子は、幼稚園で読んだ、という、この本がどうしてもよかったようです。


          このさるとかにのお話を、
          「かにのお母さんが、上から柿を落とされて、死んじゃうんだよ!」
          そこだけを私に教えてくれた息子って・・・

          きっとその場面が強烈だったんでしょうかね(汗)


          またゆっくり一緒に読んでみようと思います。



          溶連菌について少し書いておきますね。

          日曜日の晩に発疹がひどく出始め、結局3日間お休みしました。
          登園許可は、主要な症状がなくなったら(熱がさがり、発疹も消えている)OK。

          実際には、発疹は完全にはなくならなくても、大丈夫みたいでした。厳密には、発疹のあとがあったし(もう赤くなってないけれどブツブツの痕跡)、おなかや背中などに赤いモヤモヤが残っていたりしたのですが、その程度なら全く問題ない、ということでした!(もちろん熱が下がっていなければダメですが。)
          お医者さんもおっしゃっていましたが、抗生物質を飲み始めて24時間ほどで、体内の溶連菌は一気に他人に移さないほどに減少するそうで、1〜2日抗生物質をきちんと飲めば、人に移すこともないそうです。
          発疹が多少残っているからといって、人に移すことを心配しなくてよいみたいです♪

          溶連菌に関しては、以前にもやっているので、こちらも参考になさってくださいね。
          | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          ●●「かもとりごんべえ」
          0
            もうすぐ誕生日の息子、ケーキはティラノサウルスのケーキを予約してます。近くにケーキに好きな絵を描いてくれるお店があるので、毎年ここで♪

            我が家の記録のために整理して書いとく。
            <娘>
            3歳 ミニーちゃん
            4歳 (ママ手作りディズニープリンセス)
            5歳 オーロラ姫
            6歳 (ママ手作りポケモンのプラスル・マイナン)
            <息子>
            2歳 阪急電車
            3歳 ゆふいんの森(電車)
            4歳 ヘラクレスオオカブト
            5歳 ティラノサウルス

            娘はリクエストが2人以上の年が多くて、このお店、キャラは1人(1コ)しか描いてくれないので、プリンセス全員、とか、プラスルとマイナン、とかいうリクエストのときは、私が手作りしたんですね〜(汗)


            明日には、誕生日プレゼントのキックボードが届きます!
            これこれ↓楽しみです。


            先日幼稚園では、誕生会がありました。見学に行ったのですが、とってもかっこよく大きな声で名前や何歳になったかをマイクで言えて、何より、ステージに上がった時の息子の得意そうな嬉しそうな顔!1月生まれなので、やっと5歳になれたという気持ちが強くて、5歳になれる嬉しさが人一倍、という感じでした。


            誕生会では、絵本のおはなしをスライドでしたり、ちょっとした劇団?を招いて劇や手品を歌のショーを観たり、いろいろな催しがあります。
            先月の話ですが、「かもとりごんべえ」のおはなしをスライドでしてくれたらしいんです。

            その日は、子供たち2人が、ウチにある絵本を読んで聞かせてくれました。すると、どうやらウチにある「よみきかせおはなし絵本」(記事こちら)にのってる「かもとりごんべえ」と幼稚園のとは。「おはなしがちがう〜」って子供たち怒るんです。

            99羽かもがかかったら、空を飛んじゃったというだけでなくて、その続きがあって傘屋さんに飛んで行ったり、キャベツ畑に飛んでいったりするんだって言うの。
            それで借りてきたのがこの本。

            ●「かもとりごんべえ」
            西郷 竹彦 (著), 瀬川 康男 (絵)●●


            ■■■こんなおはなし
            1日1羽ずつ、かもを捕っては、まちに売りにいって生活していたが、めんどうくさいなぁ、99羽一度にかかったら、なんと楽ができるだろう!と思いついたごんべえは、99羽のかもにひっぱられて空を飛ぶ。行き着いた先は、あわ畑。そしてお次は、傘屋さん。そしてお次は・・・■■■

            以下ネタバレ?あり










            最後、京都の都の五重塔の一番てっぺんに着地したごんべえは、町の人が広げるふろしきに向かって飛び降りるのですが、ドシゃーん!そこでおしまい。おかしな空想話でした〜チャンチャン!というふうに終わるのですが、
            娘たちが言うには、幼稚園で見たおはなしは、傘屋さんから、キャベツ畑へ飛んで、そしたらそのキャベツ畑はごんべえの庭だったと。そして、99羽のかもたちが、「おかえり」という文字を形どって飛んでいた、というところで、チャンチャン!おしまい、なんだとか。
            ちなみにウチにある「よみきかせ〜なんとか絵本」っていうのは、99羽に連れられ雲の上へ、かみなりさまのお手伝い(雨をふらせるお手伝い)をさせるというおはなしでした。
            さらにどじょうや山芋までも手に入れるという豊漁の夢を語る「まのいい猟師」の話になっているものもあるらしい。

            「かもとりごんべえ」って一体本当はどんな話なの?と思って借りたのですが、「かもとりごんべえ」は突拍子もない空想の話というので誇張譚と呼ばれる笑い話、というものらしくて、書く人伝える人によって、内容が違うことがあっていいし、様々なストーリーの「かもとりごんべえ」が存在するんだということを知りました。だから、どれが本当でどれが違う、とかではないんですね。

            いろんな「かもとりごんべえ」のおはなしが存在する中で、共通点といえるのは、やはり題名にもなっている「かもとり」の部分ですね。いずれのおはなしも、99羽のかもに連れられて空を飛ぶというのは必ず出てくるシーンですね♪そしてそこが一番笑えます。

            子供たちは(大人も)、お次はこうなって、その次はこうなって、と次々にとっぴょうしもないことが起きる、ストーリー性に富んだ「かもとりごんべえ」がきっと一番おもしろく感じるんだな、と思いました。



            瀬川康男さん、「いないいないばあ」や「いいおかお」の方ですよね!この方の絵は、どこかなつかしいかわいらしさがあって、なんとも味のある絵です♪


            | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 02:39 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
            ●●「しにがみさん」
            0
              少し前になりますが、実はクリスマスイブの夜にこの本を読んだんです。たまたま、ですが、どんなチョイス・・・って感じ(-o-;)

              ●●「しにがみさん」野村 たかあき (著)
              らくごえほん 柳家小三治・落語「死神」より●●



              ■■■こんなおはなし
              ある夫婦が金がなくて困っていた。旦那が、死んじまいたいよ…とつぶやくと、そこへ死神が現れて、仕事を世話してやると言う。「医者をやれ。おまえは今日から死神が見える。重い病気の人には必ず死神がついている。死神が枕もとにいれば助からないが、死神が足元にいれば、呪文を唱えれば死神はいなくなり、その患者は助かる。」と言うのだ。そこで…■■■

              死神、と言っても、怖い死神ではなくて、影だけで、なんだかすっとぼけたような、淡々とした、憎めない死神。ストーリーも次々に続きが気になるテンポの良い展開、おはなしの内容も落語の話だけあって、なかなかおもしろくて、最後のオチも「え〜っ?」と意外性があり笑えます!
              ただハハハと笑えるだけでなく、人の寿命とか人の生き方とかまでふと考えさせられます。

              たまたまそのイブの日、主人の祖母が亡くなったという知らせを受けた日でもありました。なのでよけいかもしれませんが・・。


              らくごえほん柳家小三治の落語「死神」より
              という副題がついています。
              私は落語はあまり詳しくなくて、なじみもないのですが、このおはなしは、面白くて軽快に笑えるのに、どこか「人間」というものをとてもよく表していて、それが落語の良さなのかな、と感じました。

              裏表紙に、柳家小三治の「しにがみさん」によせて
              というメッセージがあるのですが、読んでなるほどと思いました。

              ---落語は、落語家の人間性が反映され、また、時代によってかわっていきます。そして、悲劇より喜劇がより難しいのですが、笑っておしまいだけでなく、生きていく上での喜び、奥深いものを伝えられたらと願っております。

              版画のような絵も独特で味があって、「じごくのそうべえ(関連記事こちら そうべえシリーズ)」を思わせるようなテンポのある語り口とストーリー。
              こうした楽しい絵本で、子供たちや我々世代に、落語の面白さを伝えている。
              絵本ってやっぱりすごいね。


              旦那曰く、柳家小三治は、じいじ(お義父さん)が大好きな落語家なんですって。今度聞いてみようね、「しにがみ」のおはなし知ってるかな!


              それにしても、「死神」というのは、人間にとって、興味深いものなのですね・・・。デスノートも死神のノートを手に入れてしまった若者の話ですし・・。
              ちなみに、わたしがはじめて「死神」というものを知ったのは、子供のころ、松谷みよ子さんの「ちいさいモモちゃん」シリーズ(「モモちゃんとアカネちゃん」でしたかね・・?)でした。子供ながらに、なんとも説明のつかない自分ではどうすることもできない力のように感じてた気がします。





              「死神」関連で、↑にもちょっと書いたけど、「デスノート(DEATH NOTE)」、DVDが発売されるようですね。3月14日発売。

              アマゾンは25%引きで予約開始。

              | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 07:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              ●●「にんぎょひめ」 &今回のドラマ
              0
                今日はママやることいーぱいあるから、2人でさっと寝てね〜って子供達に言って、絵本も読まないつもりだったんだけど、やっぱり寂しかろうに、というか私が、やっぱり読んであげたくて。

                この1冊↓
                文章が少なめで絵を楽しむような絵本だと、絵を見ちゃって眠れないでしょ、子供達がベッドに入り眠りながら聞くのには、ストーリーのある物語や昔話などが良いです。

                ●●「にんぎょひめ」
                アンデルセン(さく) その あやこ(文) いわさき ちひろ(絵)●●


                「にんぎょひめ」のおはなし、ちゃんと読んだことなかったんです。ディズニーの「リトル・マーメイド」のアリエルのにんぎょひめしか知りません。
                いわさきちひろさんの絵のこの本がステキだって絵本仲間のブログでもお見かけしたので、借りて見ました。

                娘は、読み終えたら、「かわいそう・・・」と。
                「○○が知ってるにんぎょひめは、最後ちゃんと王子様とけっこんできるのに、アリエルはそうでしょ?」と。どうも、ハッピーエンドじゃないことが辛い様子。自分がなんとかしてあげたい気持ちなのに、そういう結末にはなっていないことに対する、もどかしさ。娘はそんな娘の気持ちになったみたいです。

                もとのおはなしは、アンデルセンて人が書いた童話で、こういうおはなしなのよ。アメリカ人はハッピーエンド好きだからね〜、もとのおはなしをハッピーエンドに変えちゃうの♪なんて話をしました。だからディズニーでも、何でもハッピーエンドでしょぉ♪って。少しは、どうして結末が違うのか分かったみたいだったけど。



                最後の一文「かなしみではなく、ひとをあいしたよろこびにつつまれながら、たかいたかいそらへのぼっていきました」は、とても良い。この一文がないと、もやもや感が残る。このおかげで、気持ちを上手くおさめることができる。やはり、にんぎょひめ、読むなら、この曽野綾子さんの文、そしていわさきちひろさんの絵が良いなと思いました。

                いわさきちひろさんの絵の、他の絵本が巻末に何冊かのっていました。先日読んだ「りゅうのめのなみだ」も。
                あかいくつ」もありました。「あかいくつ」のおはなしのあらすじは、この前の仮面ライダーカブトで知りましたヨ(苦笑)^^; 
                読んでみようかな。
                でもな、悲しいのや残酷なのは嫌だなぁ。娘と同じで私もハッピーエンドがやっぱり好きで〜す。深い意味をくみとれないわけじゃないけど・・・アンデルセン童話ってムツカシイですねぇ(苦笑)。

                「りゅうのめのなみだ」はとても好きです。


                さてさて。
                ママはやることいーぱいあるって、「寝るんだよ〜おやすみ〜」とふすまをしめて、何してたかって?

                旦那が0時過ぎなんてことはなく、今日はめずらしくわりと早く22時すぎだったので、一緒にドラマを2本見たのでした。「だめんずうぉーかー」と「のだめ」の第一回。

                「のだめ」かなり面白い!かなり笑った!笑えるコメディ的な部分以外にも、話の展開も面白そうだし、ピアノやいろんな楽器が出てきて、役者さんたちの演奏(演技?)もなかなか上手い。今シーズンのドラマ、「のだめ」だけでもいいかも、ぐらいグッドでしたね。あと「Drコトー」ね♪
                「だめんずうぉーかー」は、旦那も私も宮迫好きなので。マンガもちらっと読んだことあるんだけど、あれをどうやってドラマにするの?って感じだったけど、なかなか面白い脚色で。まぁお気楽に見たいならいいかも♪
                まだ、亀梨&聖の「たったひとつの恋」は見てません。娘が楽しみにしてるので。カトゥーンだから、ってのもあるけど。今は「ごくせん」の再放送を、娘は今何よりも楽しみにして見てる。「ごくせん」は子供たち的には豪華陣、亀梨に、赤西、仮面ライダーカブトに出てる天道(仮面ライダーカブト)と加賀美(仮面ライダーガタック)も出てる。子供達は、小池徹平やもこみちよりも、超ちょい役の天道と加賀美が気になる。

                それと、
                娘「ギャルサーのあとは、なんだったの?」
                母「マイボスマイヒーローよ」
                娘「マイボスマイヒーローのあとは?」
                母「今度始まった亀梨と聖のドラマだよ」
                娘「じゃぁ見なくちゃ」

                「ギャルサー」も「マイボス」も好きだった娘は、次にやるやつも見なくちゃって思ってるみたい。だけど、今回はちょっと重そうだよぉ。(まだ見てないんだけど)

                ママは、「Drコトー」いまさらハマってる。前のときは見てなかったし、全然興味もなかったんだけど、京女さんイチオシって書いてて、ちょっと気になってた。で、フジの特番で、ドラマのチーム対抗のジェスチャーやってるときたまたま見たら、Drコトー診療所2006チームが出てたわけ、3人だけでジェスチャーまわして、もう、そのジェスチャーがまじ面白くて、久々にテレビのバラエティでおなか抱えて笑っちゃったの。そしたら妙に親近感っていうか、なんか「Drコトー」見てあげないといけないような気になって。しかも、ちょうどうまいタイミングで、前のDrコトーの再放送をここんとこ連日やってるから、前のと今のと同時進行で「Drコトー」にハマってるわ〜。朝から録画見て泣いてた私〜


                いやぁ、他にも「14歳の母」「セーラー服と機関銃」も見てる、ヤバイなドラマ地獄やー。
                今のところ、1位「のだめ」2位「Drコトー」3位以下はその他同列かな。
                「14歳の母」は、「サプリ」のときのなっちゃんが主演なんだよね、なんか応援してあげないとって感じはあるのよね。あと、「夜王」でNo1ホスト「せいや」の役やってた人がでてるの。この人役者の名前わからないんだけど、この前の「電車男リターンズ」にも出てたでしょ、IT企業の社長役、めっちゃいいキャラだったんだ。
                「セーラー服と機関銃」は、堤真一好きなんでね。しかも敵のやくざの親分が、これまた、仮面ライダーカブトの悪役のおやじ役やってる人やし。出だすといろんなところに出るようになるもんだねぇ。今まで気づかなかっただけかな。


                ま、何より楽しみにしてるのは
                お正月の二夜連続スペシャルドラマ「白虎隊」ですが♪
                山下智久くん、田中聖くん(KAT-TUN)ジュニアから藤ヶ谷くんも出ます。見てね、見てね、見てね〜〜
                ヤマピー撮影がんばれ〜〜


                そんで、旦那が寝てからは、洗濯モノや部屋の片付け、オークションの準備(まだ手付かずです)ビデオ映像や画像の取り込みしたり。でもやりたいこと全然終わってない!やっぱドラマが多すぎやな・・・でも、ドラマって好き
                | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 05:40 | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |
                ●●「おさんぎつね」&子供たちのピアノ
                0
                  子供たち、ピアノに燃えてます。

                  夏休みの1ヶ月、お休みが重なって、9月に入って1ヶ月以上ぶりのピアノのレッスンでした。

                  月曜日が下の息子(4歳)、水曜日が上の娘(6歳)です。

                  息子のレッスンでは、
                  今まで、持ち曲が多くて、どれも花丸◎をもらえずになかなか次へ進めずにいたんだけど、夏休みにがんばった2曲も(「ロングロングアゴー」と「アラビアのうた」)、とりあえずの○はもらえて、新たに2曲を(「さようなら」と「アレグレット1」)もらいました。がんばったら前に進める、というのは、嬉しいもので、やる気が出るもんなんですね!

                  そして、上の娘の、これから弾く教本のCDも受け取ってきました。こんどのコンサート(12月の発表会)に、何弾く?なんて言いながら、早速聞いてると、「あ、これ弾きたい!」「あ、これも好き♪」と娘はとても嬉しそう。息子も、「○○○、これがいい、これ弾けるようになるまでピアノがんばる!」と、驚くべき発言♪

                  ヴァイオリンがやりたいと言っていた息子。ピアノすらきちんと毎日練習もせーへん人が、ヴァイオリンもやれるわけない!とママが却下。「せめて1巻(いまやってる教本)が終わるまでがんばりなさい。それで、どうしてもヴァイオリンがやりたいなら、考えてあげる。」と。

                  当初の目標は1巻が終わる、だったけど、どうやらピアノに目覚めたか?息子自ら、どこまでがんばるかの目標を先へのばしちゃったみたいだよ〜!!ママも忘れないように、メモっとく。「クレメンティのソナチネOp.36,No1の3楽章」なんだって。こうやって、これ弾きたい、ここまではピアノがんばりたい、という目標がどんどん先へ上へ、のびていくことを祈りながら・・・。

                  娘は今日、
                  「○○、ずっと、おとなになるまでずっと、ピアノ弾きたい。」って言ってました♪

                  あ〜こんな風に言ってくれるなんて、母は涙です。
                  ここまでが大変な道のりだったこと・・・!

                  どれだけママが怒ったか。どれだけピアノのことで、親子が険悪になり、何度、やめてしまえばいい、と叫んだことか。何度も何度も弾かされ、1時間も2時間も練習させられる子供たち。こんな小さいのに。ここまで必死にやらせるべきことなのか、何度も悩みました。

                  母としては、音大に入れたいわけでも、ピアニストに育てたいわけでもない。将来ピアノの道に進まなくても、職業にしなくても、ただ、ピアノが好き、ピアノを弾きたい、と思ってくれたらいい。それだけ。

                  いっぱいいっぱい子供たちのピアノのために時間をさいて、時には怒りすぎ、熱が入りすぎ、悩みながらやってきたけど、ママのお役目は半ば終わったのかもしれない。これからは、娘のやる気を上手く引き出してあげるだけでいいのかもしれない。

                  これからも、こんな素敵な曲があるんだよ、とか、こんな曲弾けたらすごいよね、とか、いろんな音楽の存在を教えてあげられたらと思います。もっともっと、これ弾きたい!と思えるように。弾きたい、と思った曲が、自分で弾けるようになることが楽しい!と思えるように。

                  そして、何度も何度も練習すれば、どんなに難しい曲でも、必ず弾けるようになる。どんなに難しいことでも、がんばればできるようになる。娘は、そのことは体中で感じ取っているような気がします。

                  これからも、娘のすべての事に対するそういう気持ち、ピアノに対する熱意、ずっと持ち続けていられるように、いっぱい応援していきたいと思います。

                  息子も、これからです。
                  姉を見て育っているから、ピアノを毎日練習すること、や、何回も何回も練習したらきっと弾けるようになること、は、よく分かっているのですが、やっぱり、わたしのエネルギーが、上の娘のピアノにたくさん向いてしまって、下の息子へは残っていないというのが正直なところ。これからは、娘も少しずつ巣立っていくので、下の息子へもエネルギーをかけてあげたいと思います。


                  わーっと書いたけど、とにかく母は、今日は嬉しかったのです。感慨深かったんです。娘の口から、「大きくなってもずっとピアノを弾きたい」と聞けて、ママこれまでがんばってきて本当によかった。そして、子供たちも本当によくがんばったね。これからもママもがんばるよ、いっぱい応援するよ♪


                  さてさて。

                  読んだのは、おとといの夜。

                  ●●「おさんぎつね」
                  毛利 まさみち (文・絵)●●



                  ■■■こんなおはなし
                  「お三」は伝説の王様ぎつね。変装の名人で、数百年も生きているといわれている。広島市の江波地区に古くから伝わる「お三狐」の伝説を、現代によみがえらせた絵本。(アマゾンより)

                  人々をたぶらかしていた化けぎつねの「お三」。あるとき「お三」は能役者に出会い、いろんなものに変装できる能面を見て、能面の入った袋に頭をつっこんだ、すると能役者たちは、袋ごと「お三」を海に投げ込んだ。それきり、お三の姿を見たものはいない、という言い伝え。

                  場面は変わって、現代。
                  みほちゃん、という女の子が、江波山こうえんでピクニック。遊んでいると、見知らぬ小さな男の子、「三吉くん」に出会います。おいなりさんが大好きなその子は・・・■■■

                  作者の住む広島の江波というところには、「お三狐」のブロンズ像があるんですって。

                  版画のような絵。作者紹介欄をみると、「滝平二郎さんの切り絵に憧れ、手法を独習」と書いてある。ってことは、これ切り絵なんだ。
                  絵もちょっと昔風で変わっていて、おはなしもおもしろかったです。

                  先日、上の娘が、幼稚園で、
                  ●●「カンペぎつねのたからもの」松谷みよ子監修 むかしむかしばなし5
                  渡辺 節子(文)、赤坂三好(絵)●●
                  という本を借りてきました。



                  bk1はこちら「カンペぎつねのたからもの

                  このカンペぎつねも、化けて人をたぶらかすのですが、おもしろかったみたいです。(下の子にはちょっと難しいようでした)
                  それもあって、子供たち、今回、図書館で本を選んでいて、「おさんぎつね」が目について持ってきたのかもしれません。



                  HI350050.JPG
                  「まま、ようちえんのタオル2つ入っていたよ、こんどはちゃんと、いっこにしてね。」って娘に注意されたわ・・・。











                  山下智久くん♪
                  ★BSハイビジョン、無事録画できたかなぁ。。
                  次は19日(火)18:00〜18:50
                  ★嫌いだったものが好きになるってちょーいいことだよねってヤマピー。また癒されたわ。ハイ、苦手なものをどんどん克服するぅ〜♪
                  ★「カバチタレ」最終回、終わっちゃったよ・・・

                  ヤマピー関係ないけど、再放送してた「花より男子」も終わっちゃった。今度「花より男子2」が始まるんだよね〜〜。妙に楽しみ。2007年1月から。詳細こちら
                  松本くん(嵐)が妙にかっこよいんですけど!(あんまりタイプじゃないと思ってたんだけど)
                  | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 05:17 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                  ●●「ぐりこえほん」&ヤマピー今夜の堂本兄弟♪
                  0
                    一泊旅行から帰ってきました〜!親戚一族の旅で、赤穂温泉の海に面したお宿だったんですが、部屋から眺める瀬戸内海の海!最高の景色でした〜〜\(^_^)/

                    さて、宿の夕食での お子様用のお食事に、付いていたのが、グリコのお菓子におまけの絵本がついた
                    ぐりこえほん」!

                    ●●「ぐりこえほん」

                    060903_1944~0001.jpg

                    話には聞いてたけど、普段スーパーのお菓子売り場とかってあんまり行かないから、今回初めて!

                    下の子は、パッケージに書いてあった「そんごくう」がいい〜〜と言いながら開けたら…!
                    希望通りの●●「そんごくう」で大喜びでした♪

                    上の子は●●「ききみみずきん」でした〜。

                    キャンディー形のキャラメル(お菓子部分には、このハートキャラメルが5粒入ってるんです)と比べても分かるように、本当に小さいミニミニサイズで、絵もほんわかしていて、
                    めっちゃかわいいです(≧▽≦)
                    だけどちゃんとハードカバーなのが、とっても良いですね〜!

                    下の子は収集癖というか収拾癖があるんで(笑)(虚言癖だけじゃないのよ…トホホ)、上の子のも、貸して貸して、と、二冊をそろえて持って歩いたり、ぴったり重ねて遊んだり。確かに、小さい子がいくつも集めたくなってしまうような可愛さがあります♪

                    詳しくは、グリコのサイト内こちら

                    もう第4弾なんですって〜!限定で「ちいさなぼうけんものがたり」シリーズが出てたり、

                    大人のための特別仕様グリコの小さな絵本」なんていうシリーズバージョンもあるんですって!!
                    これでしか読めないストーリー、っていうのが魅力ですよね〜!
                    こちら
                    ↓絵本のみの単品
                    グリコ小さな絵本 【単品】


                    昔の第1シリーズ、第2シリーズの絵本は、今は販売終了、オークションでも高値が付く絵本もあるみたい!楽天でも、今は販売終了の「ぐりこえほん」の絵本だけをバラで売っていたり(@_@)ビックリしました〜!
                    ↓絵本のみの単品販売(第3シリーズ)
                    ぐりこえほん第3弾 【単品】



                    山下智久くん♪
                    ★今夜23時15分からの堂本兄弟に出ますよ〜〜
                    さっき気づいて予約しました(^_^;)もうすぐじゃん、情報遅くてスミマセン!
                    …ってヤマピー情報、見てないって…?(苦笑)いいのいいの自己満足だから♪
                    ★ヤマピーおでこツルツル〜〜♪by八乙女くん
                    なんだって。


                    読んだよ!参考になったよ!のランキング応援クリック☆彡よろしくお願いします!
                    | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ●●「おおぐいひょうたん」
                    0
                      おととい読んだ絵本はこれ。

                      ●●「おおぐいひょうたん」


                      姉のところが持って来てくれた絵本、おばちゃん姉が読んでくれました。
                      | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 13:59 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
                      ●●「オズの魔法使い」USJ行ってきました♪
                      0
                        我が家は、22日(土)から子供たちが夏休み。

                        夏休み楽しみ!子供が幼稚園に行かないほうが楽チン!なんて書いてましたが(この日のブログ)・・・
                        いやぁ・・・現実は違ったーー
                        子供たちいると、かなり大変だった・・・

                        まず一つは、■子供たちのピアノのレッスン
                        8月のピアノのレッスン、旅行中で行けない分を、今週と来週に振り替えてもらっていて、月曜日も、水曜日も、そして次の月曜日もピアノ(先生のところ)。先生にこの次やってきてねといわれたコトをやっていこうと思うと、次までに2〜3日しかないと、とっても大変なわけなのです・・。週に2回も2人を先生のところへ連れて行くのも大変だけど、家でのレッスンもかなりしんどい。

                        そんな中、■USJへ。
                        朝9:30のオープンをめざして行って、閉園まぎわまで1日中満喫♪
                        そしたらかなり疲れた・・・。

                        疲れも取れない中、■連日のテニス
                        テニスも、8月の旅行中に行けない分を振り替えとったのでね。
                        水曜日はママだけだったので、子供を待たせていたから申し訳なかったなぁと、午後にはビニールプールも出してあげました。

                        昨日は1日中お友達が遊びに来ていたし。


                        ・・・そんな1週間で、ママも子供たちもお疲れ。子供たちは今、お昼寝してます。やっとママパソコンに向かう。ってな感じです。


                        しかも。
                        夏休み始まってそうそう、
                        ■1日デイキャンプ(飯ごう炊さん)に参加
                        ■映画(カーズ)を見に行く
                        ■USJ
                        ってな感じで、盛りだくさんにスタートしちゃったもんだから、下の子なんて、毎日「今日はどこ行くの?どっか行きたい」といい続けるし。
                        木曜、当初はナルミヤのセールに行こうかと思っていたんだけど、USJとテニスで、ママは足(膝)が痛くてたまんなかったから、行くのやめたのね、でも、前の日にちらっと子供たちに電車に乗ってお買い物行こうか、なんて話しちゃったもんだから、大変。ママがちょっとパソコンの前に座ろうもんなら、電車に乗ってお買い物行きたい行きたい、言い出すし。


                        ゆっくり1日おうちで過ごす日だって、あるんじゃい〜〜〜!!夏休みは楽しいコト、おでかけ三昧だと勘違いされては困るのじゃ〜〜〜!!


                        久々のブログなのに、ママお疲れでかなり愚痴っちゃいましてスミマセン。


                        さてさて気を取り直して!

                        USJ子連れ情報も書きますね!
                        今回はお友達3家族の母子で行きました。

                        USJでは、7/12から「オズの魔法使い」の世界(ランド・オブ・オズ)がオープンしました。スヌーピータウンの奥の、今までウエスタンのゾーンだったところが、まるごとランド・オブ・オズに変わりました。

                        アトラクションは、二つ。
                        ■ウィケッド(ブロードウェイ生まれのミュージカル)
                        ■トト&フレンズ(アニマルショー)

                        「ウィケッド」は子供にはかなり難しいです。耳元でいちいち解説しながらでないと、子供たちは全く分からなかったようです。セリフや歌は、大半英語、部分的に日本語。字幕が電光掲示板に出るんだけど漢字なの。
                        内容的にも子供にはムツカシイようで、上の子(6歳)でも、あとで丁寧に解説しても真意は理解できてないようでした。
                        歌や舞台はは迫力があり、ミュージカル好きの大人にはオススメ。

                        子連れには「トト&フレンズ」がオススメ。ですが、以前のUSJでアニマルアクターショーと、まぁ同じような感じといえば、それまで、ですが・・・。
                        オズの魔法使いの登場人物、ドロシーとかかし、ドロシーの犬トトが出てきて、今までのアニマルアクターショーよりも、ストーリー性があるから楽しいかも。フルーツツリー(顔のある木)が関西のおばちゃんみたいなキャラで、なかなか面白かったです。

                        せっかくオープンしたばかりなので、ランド・オブ・オズの中のレストラン「マンチキン・キッチン」で昼食食べました。
                        お子様プレート(1000円)には、王冠(紙製)がついてきて、それが、「勇気のあかし」らしいです。大人メニューもプレート(1500円)。どのプレートにも入っているカレー味のリゾット、美味しかったです♪私は「ライオンセット」にしましたが、骨付き肉も美味しかったです(ビールが合いました♪)

                        USJはビールが飲めるからいいよね!

                        ランド・オブ・オズの中のショップで、キャンディーつめ放題、があります。とってもかわいい個包装のアメやラムネやマーブルチョコなどを、袋につめます。
                        普通の袋は525円。首からかけられるポシェットタイプは800円ちょっとでした。
                        上の子は、普通の袋にしましたが、下の子は、どうしてもポシェットタイプがいい!と。袋のほうがいっぱいアメちゃん入るよ、と言っても聞かず、どうしても首から下げたかったみたいです。。。
                        結果、値段はちょっと高いけど、ポシェットタイプのほうがよかった!「ママあめ〜」とかいちいち言われて出さなくても、勝手に食べてたから。それも良し悪し?(苦笑)。

                        それから、ランド・オブ・オズの中のフードカートでも、ターキーレッグが買えます!ジュラシックパークの前のフードカートはいつも並んでいるけれど、オズのカートはガラガラで空いてました♪


                        あと、今回、念願の?「ピンクカフェ」(ピンクパンサーのカフェ)でお茶しました。サーティーワンがやってるので、サーティーワンのアイスが食べられます。子供たち4人は、アイスシングル1個ずつ。ウチの娘はかき氷を食べてました。かき氷やホットコーヒーや、ラズベリー味のビールなども♪
                        お店出たところで、ピンクパンサーに会えた!かわいい、めっちゃかわいい!ピンクパンサー♪こんなにかわいいと思わなかったから嬉しかったわ♪


                        アトラクション乗った(見た)順に(記録)。
                        ペパーミントパティ・スヌーピージェットコースター・ウィケッド・トト&フレンズ・昼食(マンチキン)・スパイダーマン・ET・ジョーズ・お茶(ピンクパンサー)・セサミストリート4D・昼寝・バックトゥーザフューチャー・ピーターパンショー


                        前回は、上の娘がお泊り保育に行ったときに、息子と行ったので、上の娘はスパイダーマン初デビュー。ピーターパンショーも、私は前回見たから、もういいかな、と思ってたけど、子供たちがとても見たがったので、座って見ました。メルズ・ドライブインでバーガーやポテトをテイクアウト、もちろんビールセットで♪
                        ピーターパンのショー、前回はなかったんだけど、今回、舞台を映し出す画面が、設置されてました。コンサート会場のように。ラグーンの下のほうでおどったりしているのは、岸に座る人々からはほとんど見えません。最前列か、一段低いところの席でないと。でも、この画面があったので、今回は内容もよく分かりました!
                        構成はイマイチ感があるけれど、空中芸もあるので見ごたえはあります♪USJのラグーンのショーは毎回そうなんだよね。


                        さてさて、絵本!

                        ●●「オズの魔法使い」小学館世界の名作 4(大型本)
                        ライマン・フランク・バウム原作
                        西本 鶏介監修 やなぎや けいこ(文)川端 英樹(絵) ●●

                        bk1はこちら小学館世界の名作 4

                        ランド・オブ・オズのショップにおいてあった本。

                        実は、私も子供たちも、オズの魔法使いのお話を知りません。ランド・オブ・オズ、でキャラクターたちにも会って全員と一緒に写真をとり、親近感がわいたものの、お話を知らない。ショップでも、子供たち、この本をとても読みたがりました。
                        いろいろ「オズの魔法使い」の本は出ているようですが、この本は絵もなかなか良くって、お話も詳しい(あまり簡略化されていない感じ)で、よかったです。

                        ショップには、これ↓もおいてありました。
                        しかけ絵本。
                        ●●「オズの魔法使い」(とびだししかけえほん)
                        大日本絵画
                        L.フランク・バウム原作 ロバート・サブダ(作)
                        わく はじめ(訳)●●

                        bk1はこちら オズの魔法使い


                        他に、オズの魔法使いならこれがオススメ!という本があったら是非教えてくださいね。大人向け、子供向け、どういう視点でも歓迎。




                        更新していなかったので、ランキングまたまたすっごく下がってます・・・
                        応援よろしくお願いします。お疲れママに愛のエールを。わたしも夏休みでお疲れよぉ・・・というママさんも、ランキングクリッククリック〜↑↑↑
                        | ミニーのママ | ◆童話・昔話 | 14:39 | comments(6) | trackbacks(1) | - | - |
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>
                        + PROFILE
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + affiliate
                        + SELECTED ENTRIES
                        + CATEGORIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + RECENT TRACKBACK
                        + ARCHIVES
                        + affiliate
                        + PR
                        + LINKS